幸せな自由人 Nori〜

 

 

きままな自由な生活で

人生を満喫中。

 

 

 

先週の木曜日

(2016年8月18日)

Yahooニュースに

『ある愛の詩』

アーサー・ヒラー氏 死去のニュースがあった。

 

 

『ある愛の詩』は、

アカデミー賞7部門ノミネートの

世界的ヒットの映画

 

その中のセリフで

 

『愛とは決して後悔しないこと』

とある。

 

 

ひとことで

愛を語るのは難しいが、

 

色んな意味合いが含まれる。

 

 

愛=肉体関係でもないし、

 

母親が子に対するのも愛。

 

 

 

面白いデータがある。

 

恋愛を脳科学者が分析すると

 

 

恋愛感情が高ぶっている時は、

 

脳にある

腹側被蓋野でドーパミンが多量に放出されているらしい。

 

 

これは、

コカインでハイになる時と、

同じ領域が活発になるが、

 

恋愛時には、それをさらに上回るらしい。

 

 

 

そうなると

自分を失い相手の事を

考えずにはいられなくなる。

 

 

コカインの場合は、薬が切れれば

効果は終わるが、

 

人の場合は執着が強いと

逆に支配されてしまう。

 

 

 

もともと、

脳回路とは報酬のために働くと言われている。

 

 

薬物中毒者が

快を求めるために

薬から逃げられないように。

 

 

しかし恋愛するだけで

コカイン以上の結果があるのなら

 

 

それを利用するのが

ありじゃないか。

 

 

 

すなわち愛のエネルギーとは

自分を動かす原動力であり

 

 

大切なのは、

 

そのチカラを

○支配するのか

○支配されるのかだ。

 

 

恋愛モードになると

報酬系ドーパミンによって

コントロールできにくくなるが、

 

 

逆に、そのチカラを利用して

 

週末、彼氏や彼女のデートの約束があるなら

 

 

その原動力を利用して

仕事や学びに変換してはどうだろうか?

 

 

ここまでは必ずやり遂げて

 

週末は彼女と・・・

 

 

そんな具合に

自分をコントロールしよう!

 

 

愛のチカラを利用して。

 

 

-----------------------

 

 

愛とは自分を動かす

原動力だ。

 

 

ただし舵取りは必要。

 

 

幸せな自由人 Nori〜

 

-----------------------

 

 

たまには現実逃避したいな〜

 

遠い南の島で・・・

 

 

 

 

 

 

 

落ち着きますね↓

 

 

 

 

ブログ村参加中
あなたの1クリックで順位が上がります。
↓↓↓



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 

幸せな自由人 Nori〜

 

 

 カテゴリ